2015年11月24日

13年

DSC_0414.JPG再びこの地を踏めるとは、思っていなかった。
長崎PRのための勉強会でもあり、僕自信の里帰りでもある。
13年ぶり。
子供だった僕も、前科は無くても離婚歴はある。いつの間に。
引っ越しも数回しているし、入院もした。
長いようであっという間の13年だ。
posted by ↑P↓ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍艦島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13年目の里帰り

DSC_0710.JPG長い間、ブログはお休みしていましたが、再開したいです。
大きな節目となる出来事がありました。
端島のヒコウカイエリアに、長崎市の許可を得て立ち入り視察することができました。
その事も含めて、長崎や端島のアピールができればと思います。
posted by ↑P↓ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍艦島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

世界

P9190318.JPG

ぼくたちは、何度でも巡り会う
posted by ↑P↓ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍艦島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

野母崎の軍艦島資料館

P9170244.jpg

軍艦島資料館は、野母崎の運動公園そばにある。
水仙公園にも隣接している。
もう数百メートル離れた海沿いには「野母崎海の健康村」があり、陽の岬温泉という炭酸泉には日帰り入浴もできるし、資料館と同じ建物の1階にある「カフェキッチン こっとん」では軍艦島にちなんだメニューもあるのでおすすめだ。

資料館は平成15年に野母崎商工会青年部が「軍艦島を世界遺産にする会」と協力して開設したそうだ。
僕が初めて野母崎から軍艦島を見たのは平成15年2月のことだ。当時は、まだ資料館も温泉もなかったけれど、水仙公園から見る軍艦島(僕にとってはじめて見る形の、軍艦を左舷側からみたような島姿)と、風光明媚な野母崎に感動して再訪を誓っていた。

平成15年の夏には、この資料館はオープンしていた。
以来、長崎では必ず資料館、カフェキッチンこっとん、海の健康村に寄っている。
最初のころは手作り感たっぷりな資料館で、年々展示されている写真が色あせてきたり、剥がれかけてきたり、室内も埃だらけだったり、心配になったこともある。
が、平成23年にリニューアルして、ずいぶんと立派になった。
野母崎の一大名所だろう。
映像の上映、映画「ホッタラケの島」と提携したときの写真、軍艦島を眺める望遠鏡つきの展望台など充実している。P9170240.jpg

posted by ↑P↓ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍艦島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

稲佐山から見る島々

長崎に通い詰めて12年。訪崎は16回になる。
思えば平和公園以外の観光地には足を運んでいなかった。

16回目の訪崎にして、初めて稲佐山に登った。
ここから見る夜景が素晴らしいというので、大好きな長崎を高い目線から、しかも夜景として眺めるのも良いな、と思ってレンタカーで登山道を登った。
山頂手前の無料駐車場から、遊歩道を徒歩で登る途中に見えた光景がコレだ。

P9170255.jpg

まさか稲佐山から端島が見えるとは・・・・いや、もしかしたら見えるかも?と期待はしていた。
だから真っ暗になる前に来た。
端島だけではない。中ノ島、三ッ瀬、高島、伊王島、香焼、野母半島。それに長崎港内、長崎市街と一望できるのだ。
こんな風景は、飛行機に乗らないと見えないものと決め付けていたが、ちょっと視点を変えて山を目指しただけで、いとも簡単に全てを俯瞰することが出来る。
端島を目指して、端島に焦がれていた僕は、ひたすら端島に近づこうとしていたが、端島から遠くなると思って敬遠していた稲佐山に来たことで、端島の今までは見えなかった姿を見ることになった。
こんなものだろう。人は簡単といえば簡単に、鳥にもモグラもになれる。
僕は12年前、端島の夜のグラウンドから見た中ノ島を思い出していた。
見方によって遠くにも見えれば、近くにも見えた中ノ島。
posted by ↑P↓ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍艦島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。